少ない手元の資金でも大きな利益を確保する

最近は、fxでも海外FXの人気があるそうです。ここでは、海外FXの魅力についてご紹介しましょう。

海外FXの魅力は、レバレッジが高いということです。FXの最大の魅力は、FX業者に委託した証拠金に対して、取引が最大では数百倍行うことができるということです。このことをレバレッジ、あるいはレバレッジ効果といいますが、少ない手元の資金でも大きな利益を確保することができます。金融庁では高いレバレッジの競争が過熱するのを心配して、2011年にFXの全てのレバレッジを25倍までに下げることを決めました。 そのため、国内のFX業者は、仕方なく低いレバレッジで運営するようになり、FXの事業を止めた業者も一部にはあります。

しかしながら、海外のFX業者は、このような国内の市場に影響されないので、今まで通り最高では1000倍までのような高いレバレッジで運営しています。トレーダーは、国内のFX業者から海外のFX業者の口座に移しており、現在でも増えています。 レバレッジ効果というのは、このような多くの金額の取引によって大きな儲けを期待できますが、一方、相場が予測した通りに動かなかった時には、損失が巨大な金額になってしまいます。しっか
り損切りを設けるなど、運用する場合には注意することが必要です。



*******************************************************************************************

iure高レバレッジの勝負を可能にしてくれること、それが海外業者を利用する最大メリットでしう。日本国内ではレバレッジ規制があるため、大勢のトレーダーが海外業者に移行したということもあるかもしれません。しかし彼らがいつも挙げるマイナス点は、海外業者のスプレッドの広さでした。しかし、業者間の激しい競争は、大きな変化をもたらしました。低スプレッドを売り物にした業者が続々と登場しているのです。そして、Pepperstoneもそんな業者の代表です。

Pepperstoneの拠点はオーストラリア。そう、あの伝説的なハイローオーストラリアとおなじです!それだけに、豪ドルやNZドルのスプレッドの狭さが大きな売りです。豪ドル/円は、サイトの掲載値で1から2.2pips。さらにその他の通貨ペアでも、かなりの低スプレッドであり、他の海外業者の追随を許しません。ここまで狭いということは、日本国内の業者とも十分互角、あるいはそれ以上に勝負していけるということです。豊富な資源を有する資源国の利点を生かしたオセアニア系通貨は安定感があり、また、金利も高いという優良通貨です。このような通貨を扱いたいトレーダーにとって、オーストラリア系は心強い業者ではないでしょうか。

*******************************************************************************************

houdイギリスにある247の株式を持つ会社が運営しているバイナリー専門業者、それが24optionです。世界的な規模で運営されているバイナリーオプションプラットフォームと言っても間違いないでしょう。進出している国は幅広く対応している言語も、英語やフランス語、スペイン語といった世界の言語人口が多い国を筆頭に、イタリア語、中国語、日本語など、様々な言語に対応しています。また、アジア圏内の市場にも精力的に進出しています。

日本でもバイナリーオプションを中心とし、数々のサービスを提供しています。アジア市場の中でも、市場が未開拓でこれから伸びる可能性の大きな日本は、大きな注目を集めているので、提供しているボーナスも格段と違います。他のブローカーではだいたい、20%から30%といったボーナスが主な割合です。しかし、24optionのボーナスは桁が違います。割合は50%や100%といった数値になるわけですから、この差は大きいと言えるでしょう。24optionでは、豊富な種類のバイナリーオプションで取引を扱っており、終値が高くなるか、安くなるかを判断するハイ・ローオプションもあります。このオプションはFXプライムやGMOクリック証券などでよく知られています。

*******************************************************************************************

hierreスマートオプションはキプロス共和国に拠点を置いていますが、実際にサービスを提供している会社は、ChargeXPインベストメントというFX会社です。ChargeXPインベストメントがバイナリーオプションをサービス提供しています。海外のバイナリーオプションサービスでも知名度が高く、日本市場の開拓に力を入れています。そのため、日本語でのサポート体制を充実させていることから、日本への関心、サービス提供の力の入れ具合が分かります。

スマートオプションの中には、指定した価格に到達すると取引成立となるワンタッチオプション、最短時間で取引可能で1分で結果表示される60セカンズなど、多彩なトレードスタイルが充実しています。初心者からプロのトレーダーまで自分流のトレードスタイルでトレードすることができます。スマートオプションでは株式、為替などの銘柄から200以上ペアで取引することができます。株式ではアップル、アマゾンといった世界に名が知れた企業や、為替ではドル円、ユーロ円、ユーロドルなどの通貨ペアを取引することができます。

*******************************************************************************************

giyrerXEマーケットは、取引面で優秀なFXブローカーです。取引手数料が無料ですし、主要通貨のスプレッドも1pipsからと利用しやすくなっています。また、レバレッジが、最大888倍と高くなっているところも魅力です。この倍率は、高いレバレッジの多い、海外FXブローカーの中でも高水準です。

高レバレッジの取引に、リスクが他愛のではないかと心配する方がいらっしゃるかもしれませんが、すべての口座について、常にリアルタイムで使用証拠金と証拠口座をモニターするるとともに、ロスカットレベルを20%に設定して対応しています。ですから、相場変動が急に週末の間に起こったとしても、過大な損失のリスクを回避させることができますし、追証ゼロサービスを採用しています。追証ゼロサービスとは、追証の入金を要求しない方式ですから安心して取引をすることができます。

*******************************************************************************************


海外FXの魅力は、ボーナスが豊富にあることです。海外FXの1つの魅力として、一定額のボーナスが入金した額に対してもらえるというものがあります。これは、国内の場合にはあまりなじみがないですが、海外FXの業者の場合には一般的なものです。入金した額に応じてボーナスを一定の割合でプラスする業者がほとんどで、平均的には2%~5%程度が一般的です。


海外FXの魅力は、自動売買に対応していることです。海外FX業者のほとんどは、メタトレーダーと言われている取引ソフトを使用しています。メタトレーダーというのは、ロシアの会社によって作成された取引用のソフトで、世界で一番多く使用されているソフトと言われています。このメタトレーダーの1つの特徴としては、売買の条件を組み合わせて、EAと言われるプログラムによって、独自の取引システムを作ることが可能なことです。

このことを、システムトレーディングと呼び、これに従って取引を自動で行う投資法を自動売買システム、オートトレーディングなどと呼んでいます。自動売買システムというのは、取引を機械的に行うことが可能で、売買が機械的、統計的に24時間可能になります。

副業が会社にバレたくない人の税金対策

世の中変わってきたと言いながら、まだまだ副業禁止の会社が多数派なのではないかと思われます。
そんな副業禁止の会社にお勤めの方にとっては、税金関係がキッカケになって会社にバレてしまうのでは?という心配が、副業に踏み込めない大きな理由になっているのではないでしょうか?
実はその心配、的中することはそんなに多くはありません。

と言うのは、所得に関する申請の順序は、会社の年末調整が終わってから確定申告するという順序になります。よって、会社は従業員の副業に気付くことがなかなか難しいのが実情なのです。言ってみれば、副業の所得を税務署に申請するのは後出しジャンケンのようなものなのです。
が、前述したように「そんなに多くはない」のであって、0ではないのがこの話のミソです。

副業である程度の「所得」が生まれると所得税を払わなければいけないのは容易に想像が付くと思いますが、住民税も変わってくることに注意しなければいけません。
住民税は前年の所得に基づいて計算されるので、会社の把握している前年の所得と、実際の所得に乖離が生まれますから、当然住民税にも乖離が生まれ、会社側がどこかのタイミングで「あれ?」と気付く可能性が高いのです。
住民税を自分で払っていれば回避しやすいのですが、給与天引きされている方にとっては回避のしようがありません。

では全く手が無いか?というとそんなことはありません。
例えば副業を行うために必要な参考書籍やPCなど、必要になるものは結構たくさんあるのではないでしょうか?
大した金額ではないからとか、私用にも使うかも知れないからとか、実際には副業に必要なモノなのに自腹で買っているもの全ての費用を積み上げていけば、実は結構な金額になるのではないかと思います。それを経費としてしっかり確定申告して、利益が0になれば所得税も発生しませんし、前年の所得金額もそのままなので住民税の算定にも影響がありません。もちろん関係ない費用を計上してしまったら犯罪になってしまいますので、あくまでも副業に関係のある経費でないといけませんが、意識を持って見返してみると結構自腹で払っているものもあると思います。

また、その意識を持って副業の収支をシミュレーションしてみて、利益が0になりそうな方は副業に足を踏み出すのもいいかも知れませんね。
あくまでも住民税の面から見た話しなので、絶対は無いということだけは心に留めておいていただきたいですが、利益0の副業なら会社にもバレにくい。これだけは事実ですので、参考になれば幸いです。

コンテンツメニュー

  • ホーム
  • XEMarkets
  • PepperStone
  • 24Option
  • SmartOption
  • FXの資金
  • 外国為替市場
  • FXやデイトレでは、信用取引というものが存在します。株式投資では、約3倍までの取引ができるようになります。FXでは約20倍の取引が出来るようになります。

    この信用取引が、レバレッジと言われていますが、気をつけないと借金だけが残る結果になります。間違いを起こさない為に、信用取引をするのであれば、現金がなくなるくらいの取引で納めることでしょう。損をしても、借金を膨らませるようなことはしないのが、金融取引の鉄則でありますね。