FXと外国為替市場

hrerre FXは、2つの異なる通貨をお互いに売買しながら利益を求めていく投資取引になります。
もちろん、常に同じ価格である通貨を売買しても、そこに利益は生まれません。
FXでは、利益を上げるために、この通貨の価値を変動させている外国為替市場の為替相場を利用しているのです。

外国為替市場は世界中に点在し、それぞれの市場が独立することなく互いに連携をしあいながら機能しているために、平日であれば24時間いつでも取引が行われており、為替相場のレート変動も秒単位で常に推移し続けています。

この外国為替市場の為替レートを利用して利益を求めていくのですが、その仕組みはシンプルなもので、「安く買った通貨を高く売る」もしくは「高く売った通貨を安く買い戻す」という事を繰り返していきます。この間に通貨を保持している期間があり、その期間のあいだ為替レートの変動を待ち、利益が出たら注文を決済して利益を確定していくのです。

こうしたことから、FXではこの為替レートの変動をどう読んでいくのか、ひいては外国為替市場を取り巻くそれぞれの国や地域の政治状況や経済状態を把握していくことが、重要な課題となってきます。

こうした長期的な包括的な為替相場や市場の動きを判断していくことを、ファンダメンタル分析と言います。
通貨の価格の変動は、実に様々な要因が絡まり合って発生しているのですが、その最たるものが、先にも例が出たそれぞれの国や地域の情報になります。

たとえばその経済状態の安定などを知ることができる経済指標の発表は、その通貨にどれだけの価値があるのかを判断する材料となるために、投資家たちも指標の発表と内容を待ち、その如何によっては為替相場が大きな混乱状態に陥ることもあるのです。
似たようなものに、政府からの経済政策の発表や、中央銀行の総裁やそれに値する経済関係者や高官などの発言もありますし、それ以外では、大きな自然災害や戦争、テロなどによっても各国の通貨のレートは大きく揺さぶられることがあります。

こうした情報は、経済ニュースやテレビ番組などでも取り上げられますし、FX取引業者によってはそういったトピックをまとめてメール配信や、ウェブ上で公開しているところもありまので、FX取引を行う際には、こうした情報にも敏感になりながら、しっかりと相場の動きを予測して利益を積み上げていくことをお勧めします。

コンテンツメニュー

  • ホーム
  • XEMarkets
  • PepperStone
  • 24Option
  • SmartOption
  • FXの資金
  • 外国為替市場
  • FXやデイトレでは、信用取引というものが存在します。株式投資では、約3倍までの取引ができるようになります。FXでは約20倍の取引が出来るようになります。

    この信用取引が、レバレッジと言われていますが、気をつけないと借金だけが残る結果になります。間違いを起こさない為に、信用取引をするのであれば、現金がなくなるくらいの取引で納めることでしょう。損をしても、借金を膨らませるようなことはしないのが、金融取引の鉄則でありますね。