FXが少ない資金で始められる理由

hrerre FXは正式には「margin Foreign eXchange trading」と言い、日本語で外国為替証拠金取引のことをさします。
2つの異なる通貨を売買しあいながら、外国為替市場の為替相場の変動を利用して、その為替差益で利益を求めていく投資取引になります。

こう聞くと難しそうな気もしますが、株取引や先物取引のような金融商品よりも、比較的に小さな資金から始められることでも人気を集めています。

FXには、レバレッジというものがあり、これが少ない投資資金で取り引きが行える仕組みになっています。
先のところにも出てきましたが、FXでは業者に取引の口座を作る際に証拠金と呼ばれる資金を預けるのですが、この証拠金を担保にして、実際に投資をする時に投資金額よりの何倍もの資金を使って取引を行うことができるのです。
このレバレッジの大きさはFX業者によって様々なのですが、日本国内の業者であれば最大で25倍、海外の業者になると数百倍ものレバレッジを使えるところもあります。

例えば1ドル100円の為替相場があった場合、このドルを1万ドル分買うためには100万円の投資金額が必要ですが、25倍のレバレッジを使えばわずかに4万円で済んでしまうのです。
この後に為替相場のレートが変動して1ドル105円になったらば、1万ドルの価値も105万円に変動するため、ここで買った1万ドルに売り注文を入れれば105万になって戻ってくるので、差し引きで5万円の利益が出ることになります。
もしレバレッジを使わなければ、100万円の投資で利益が5万円と、その利率はそれほど良くありませんが、4万円の投資で5万円の利益が出れば、実に大きな利益となるのです。

しかしながら、レバレッジにはリスクもあります。それは利益を大きくするように、損失も大きくしてしまう事です。

先の例で、為替レートが1ドル105円ではなく、1ドル95円に変わったとしたらどうでしょうか。
レバレッジを使わなければ100万円の投資に対して5万円の損失なので資金は95万円残りますが、レバレッジ25倍の投資をした場合には、4万円の投資に対して5万円の損失になるために、4万円を失った上にさらに1万円の借金ができてしまうことになるのです。

レバレッジを使うことで、FXは少ない資金でも投資が行えますが、こうしたリスクがあることも忘れてはいけません。
まだFX取引に慣れないうちは、小さなレバレッジで着実に利益を掴んでいくことをお勧めします。

コンテンツメニュー

  • ホーム
  • XEMarkets
  • PepperStone
  • 24Option
  • SmartOption
  • FXの資金
  • 外国為替市場
  • FXやデイトレでは、信用取引というものが存在します。株式投資では、約3倍までの取引ができるようになります。FXでは約20倍の取引が出来るようになります。

    この信用取引が、レバレッジと言われていますが、気をつけないと借金だけが残る結果になります。間違いを起こさない為に、信用取引をするのであれば、現金がなくなるくらいの取引で納めることでしょう。損をしても、借金を膨らませるようなことはしないのが、金融取引の鉄則でありますね。