FX取引口座とECN口座の2種類の環境を用意

oire 標準的なFX取引口座とECN口座の2種類の環境を用意しているところが、Highlow.netの他のFX業者にはないユニークな特徴と言えるでしょう。ほかのFXproのようなECNブローカーとランキングしても、口座への最低入金額が1000ドル以上という金額ですから、気軽に始められる環境とは言い難いところです。けれども、pepperstoneのECN口座なら、初心者の個人投資家でも優れた環境で無理なくはじめられる200ドルからの運用が可能です。

Pepperstoneは、ディーリングデスクを介さないSTP環境を提供しており、自動買取システム(EA)を利用しています。大手22行との協力によって低スプレッドを提供しています。取り扱っている為替ペアのほとんどにおいて、業界最狭水準のスプレッドを実現しています。スキャルピング狙いのトレーダーの要求にも応えることができる水準を提供しており、そのスプレッドはスタンダード口座では可変で0.5ピップから、Razorアカウントでは0.1 ピップからとなっているのです。

Pepperstone の取引では、世界標準とも言えるメタトレーダー4(MT4)を、取引プラットホームとして使用します。標準のMT4では、ワンクリックEAは搭載されていないのですが、pepperstone版では、板情報付きワンクリックEAが搭載されており、使いやすく改良されています。また、PCに限らず各種モバイルにも対応していますから、場所と時間に縛られることなく、取引ができるようになります。

MT4以外のおもなプラットホームは、Web上で動作するWebトレーダー、iphoneアプリ、ipad/タブレットトレーダー、アンドロイドアプリ、MT5、MAMなど実に多くのプラットホームからの取引が可能になっています

海外業者への不安な点といえば、日本語でのカスタマーサポートがあるかないか心配される方もいることでしょう。この点、pepperstoneではなんの問題もありません。日本国内のカスタマーサポートの電話番号は用意されていませんが、ライブチャットやメールでのサポートを受けることができます。しかも、日本語を使った日本人スタッフによるサポートですし、取引ツールも日本語化されていますから、英語が苦手でも安心してはじめることができます。

日本国内口座への入金に対応している海外業者は珍しいですが、pepperstoneは対応しています。このほか、最大400倍のレバレッジ、54種類と多様な取り扱い通貨ペアなど、優れた環境での取引が可能なところが、pepperstoneの特徴であり魅力と言えるでしょう。

コンテンツメニュー

  • ホーム
  • XEMarkets
  • PepperStone
  • 24Option
  • SmartOption
  • FXの資金
  • 外国為替市場
  • FXやデイトレでは、信用取引というものが存在します。株式投資では、約3倍までの取引ができるようになります。FXでは約20倍の取引が出来るようになります。

    この信用取引が、レバレッジと言われていますが、気をつけないと借金だけが残る結果になります。間違いを起こさない為に、信用取引をするのであれば、現金がなくなるくらいの取引で納めることでしょう。損をしても、借金を膨らませるようなことはしないのが、金融取引の鉄則でありますね。